HIFU Doublo
高密度焦点式超音波

HIFU(ハイフ)ダブロ
しわ・たるみ治療/フェイスリフト

HIFU(ハイフ)ダブロによるしわ・たるみ治療

メスを使わず肌の土台から引き上げる
驚きのリフトアップ

HIFU(ハイフ)による治療では、肌の奥深くまで届いた熱エネルギーが、肌の土台であるSMAS(筋膜層)のたんぱく質を引き締め、たるみを改善します。

さらに、熱刺激によりコラーゲンが大量に増生され、うるおいを回復し肌のハリや弾力も大幅にアップ。

筋膜からひきあげ、表面にはハリを回復させることで、若々しい引き締まったフェイスラインを蘇らせます。

サイエンスクリニックでは、このHIFU(ハイフ)技術を搭載した美容医療機器 Doublo(ダブロ)を使用し、目の周りのたるみほうれい線フェイスラインのたるみを取るリフトアップ治療(フェイスリフト)をしていきます。

ダブロのベース技術 HIFU(ハイフ)とは?

HIFU(ハイフ)のメカニズム

HIFU(ハイフ) = 高密度焦点式超音波《High Intensity Focused Ultrasound 》
高密度焦点式超音波のことです。 この技術の原理は、太陽の光を虫めがねで集め、その焦点となる1点だけに熱を発生させるのと同様、超音波を特殊なレンズのようなもので1点に集束させることで、高密度の超音波を的確に狙い通りの部分へピンポイントで照射します。照射されたポイントで熱エネルギーを発生させ、治療に利用することができます。 元々医療用の技術で、身体の他の細胞に傷を付けずガン細胞だけにダメージを与える治療法として、前立腺がんを始めとするがん治療に用いられています。 狙った体内の組織の一点だけに働きかけ、他の組織へのダメージはほとんどありません。 その技術を美容に応用し、それまで外科手術でしか解消できなかったリフトアップ/フェイスリフト(顔のたるみ治療)を、メスを使わず身体の外から機械を当てるだけで可能にしたのが、Doublo(ダブロ)です。

HIFU(ハイフ)ダブロ
進化したテクノロジー

他の照射系美容機器

HIFUダブロの違い

他の照射系美容機器とHIFUダブロの違い

従来の照射系マシン(サーマクール、フラクショナル、IPL等)では、エネルギーが届くのは皮膚層まででした。しかしダブロ(HIFU/ハイフ)はSMAS層に到達する事ができ、さらに他の層にダメージを与えずに直接SMAS層を狙いうちできるため、リフトアップ手術と同等の効果を得る事ができます。
そのため、ダブロ(HIFU)を使用したシワたるみ治療は、「切らないフェイスリフト」と呼ばれています。

HIFUダブロで
リフトアップする仕組み

HIFUはたるみの原因(SMAS筋膜)
のみに直接届く!皮膚にダメージを与えず、しっかり効果を実感。

ダブロの照射イメージ
肌の土台、SMAS(筋膜)層にピンポイントで照射、 熱エネルギーでたんぱく質を引き締めます。
肌は何層にも分かれており、皮膚上部から、表皮→真皮(上層・中層・下層)→皮下組織→SMAS(筋膜)→筋肉の層から成り立っています。 いわゆる「皮膚」とは、表皮、真皮、皮下組織の3層のことで、SMAS(筋膜)層は皮膚よりさらに深く、表皮上部からおよそ4.5mmのところにあります。 ダブロは他の層にダメージを与えず、ピンポイントでSMAS層に働きかけるため、リフトアップ手術と同等の効果を得る事ができます。

HIFUダブロは
こんな方におすすめ!

切らないリフトアップと言われるHIFU(ハイフ)ダブロは、こんな方におすすめです。

  • たるみやほうれい線、マリオネットラインが気になってきた方
  • 肌のハリを感じなくなってきた方
  • すぐにリフトアップさせて若々しくなりたい方
  • 溶ける糸などでメスをつかった手術に抵抗がある方
  • ダウンタイムが取れない方
  • 効果を長持ちさせたい方

HIFUダブロの治療費

 

治療部位(改善したい箇所)1回
(新価格)
初回トライアル
目の上のたるみ
(額+こめかみ)
¥43,200
目の下のたるみ
(こめかみ+目の下)
¥97,200
のたるみ(2層)¥86,000
アゴのたるみ¥64,800
のたるみ¥162,000
顔全体¥172,800
顔全体¥216,000¥126,000

 

※通常治療費(1回)を新価格に改定しました。また、初回トライアルは顔全体+首のフルセットで効果を実感していただける治療メニューになりました。

サイエンスクリニック のHIFU(ハイフ)ダブロ Q&A

よくあるご質問

サイエンスクリニックの高濃度ビタミンC点滴について、よく寄せられるご質問をまとめました。

ダブロは、従来の機械に比べかなり痛みが軽減されており、脂肪やたるみが多い部分ではほとんど痛みは感じません。脂肪の少ない部分、骨の近くや肌が薄い部分(こめかみから眉の上、エラの部分など)では、少し骨に響くような感覚や痛みを感じる方もおられます。 HIFUのエネルギーが筋膜まで届いたとき、点で連続で打たれているような感覚や、肌の奥が熱くなる感覚がある場合もあります。 照射パワーが細かく設定できるので、弱いパワーから患者様が痛みを感じない範囲でパワーを上げ調整していきます。 HIFUダブロの専門知識を持った医師が丁寧に照射していきますので、安心してリフトアップ治療を受けていただくことができます。
HIFUダブロによるしわ・たるみ治療は、「切らないフェイスリフト」と呼ばれるように、メスで切ることも針で縫うこともないため、ダウンタイムがほとんどないというのが大きな特徴です。 HIFUを照射した肌に、ほてり感やむくみ、赤みなどが出ることはありますが、施術後数時間から半日程度で引いていきます。稀に、腫れや筋肉痛のような違和感が続くことがありますが、これは筋膜という筋肉の層に作用しているためで、これも数日から数週間で消えていきます。 ダウンタイムがないため、施術後メイクをしてお帰り頂く事が出来ます。パウダールームがございますのでお気軽にご利用下さい。
HIFUダブロの効果は、施術直後から実感することができます。日に日に効果が増し、約3ヶ月でピークに達します。 リフトアップ効果(たるみの引き上がり)は直後から、コラーゲン増生による肌のハリ感は数日から2~3週間後に出始めます。
HIFUダブロによるリフトアップ効果、ハリ感は半年~1年ほど続きますが、効果のピークは約3ヶ月です。その後約3ヶ月かけ徐々に戻っていくため、効果の持続をご希望の場合は、6ヶ月に1回お受けいただくことをお奨めします。 (効果の持続に関しては個人差があります。) しかし、半年~1年経っても完全に元に戻るわけではなく、コラーゲンの増生効果により将来のたるみの予防につながります。1回だけでもダブロを受ける前より肌の老化を遅らせることができ、エイジングケアとして効果があります。
HIFUダブロは、レーザーや光治療と異なり、皮膚を通り越した肌の奥の筋膜層へ照射するので、敏感肌など、肌質・肌色などを問わず受けていただくことができます。 ただし、妊娠中の方、ペースメーカーや除細動器を使用している方、施術部位に金属系やプレート、シリコン、金の糸を埋め込んでいる方、ヒアルロン酸注入後効果が持続中の方には施術を控えております。
飲酒・入浴・激しい運動などで体温が上がると、HIFUダブロを受けた部分のほてりが強くなることがあります。 肌のマッサージなどは、筋肉痛のような違和感がある場合、治まってから行ってください。 また、紫外線による肌の酸化はたるみの大きな要因です。しみ予防だけではなく、たるみの予防にも日焼け止めが効果的です。