高濃度ビタミンC点滴療法とは?

vitaminC_image.jpg

高濃度ビタミンC点滴療法とは、高濃度のビタミンCを静脈投与し、血中のビタミンC濃度を急激に高めることで非常に強力な抗酸化作用が得られ、さらにコラーゲンの生成を促進し、細胞の若さを保ち老化を遅らせるというものです。
経口ではなく直接血液内に入れることで、すぐにロスなく有効性が認められる濃度にまで達することができ、即効性があります。その結果、疲労回復・風邪の予防効果のみならず、肌にハリやツヤを与え、シミを消すなどの美白・美肌効果、若返り、デトックスなど全身におけるアンチエイジング効果が期待できる治療法です。

高濃度ビタミンC点滴はこんな症状に効果的

免疫が落ち疲れやすい
慢性体調不良

image9.png

  • 疲れやすい(慢性疲労)
  • 風邪をひきやすい
  • インフルエンザ予防
  • ストレスが多い
  • 寝起きが悪い
  • 夏バテ
  • がん予防

tri_down.png

免疫力強化・抗ストレス

ビタミンCは、経口摂取ではロスが多く吸収率が悪いのですが、点滴での投与では血中濃度が一気に高まります。その強力な抗酸化力により、活性酸素を除去。多くの生理機能を改善します。

ミトコンドリア機能を正常化し、抗ガン活性を持つ免疫物質であるインターフェロンの生成を促進、白血球の活性化などの作用により、抗がん効果があります。

また、ビタミンCの抗ストレスホルモン生成(副腎ホルモン分泌を促す)作用でストレスに強い身体になります。

シミ・シワ・たるみなど
お肌のトラブル

image11.png

  • シミ・シワが増えた
  • 毛穴が開いている
  • ニキビや肌荒れ
  • 肌にハリがない
  • 肌のくすみ
  • アトピー
  • 髪のコシ・ツヤがない

tri_down.png

美白・保湿・美肌

ビタミンCは、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、皮膚や粘膜、骨の結合組織の正常な発育を助けます。

その結果、肌の保水力がUPし、シワ・タルミを予防。ハリがありみずみずしく、もっちりと化粧のりのよい素肌へ変化していきます。

またメラニンの生成を抑制するので、色素沈着が薄くなり全体的に透明感のあるお肌へと導きます。

過剰な皮脂の分泌を抑えニキビが出来にくくなり、毛穴を引き締めなめらか肌に。

いつまでも若々しく
エイジングケア

image16.png

  • 激しい運動をする
  • 日焼けすることが多い
  • 老化を遅らせたい
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う
  • 二日酔い
  • 美容に気を使う

tri_down.png

抗酸化・デトックス

ビタミンCは、有害な活性酸素に対する抗酸化作用が強く、全身を健康に導き、美肌を作ります。

血管壁を修復し、過剰なコレステロールの排出する働きがあり、動脈硬化、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病の改善効果が期待できます。

肝臓内での酵素の働きを活性化させ、体に悪影響を及ぼす有害物質の解毒を助けてくれます。

また、カルニチン代謝の促進高コレステロール血症の抑制鉄分の吸収を高める効能もあります。

その他高濃度ビタミンC点滴の治療効果

メラニンの生成抑制による、シミや肝斑、肌の色をうすくする美白効果

コラーゲンの生成促進によるシワ・たるみの改善

抗酸化作用で、生活習慣病や老化を予防、また死亡リスクを下げる

免疫機能を強化し、発癌リスクを下げる

肌の保湿力を高める

気管支嘆息発作の減少、関節リウマチ進展予防など

※より詳しい治療効果については、《再生未来グループ》のページをご覧ください。

サイエンスクリニックの高濃度ビタミンC点滴

費用
いつでも安い固定治療費
品質
防腐剤無添加・高品質
環境
プライバシーに配慮

サイエンスクリニックの高濃度ビタミンC点滴が人気の理由

  • 特徴1:【費用】
    いつでも安い固定治療費
    患者様に安心して治療を続けていただけるよう配慮し、継続しやすいよう少しでも安い価格にと、通常治療費を15g ¥ 6,690 | 30g ¥ 7,500 | 60g ¥14,610 と低価格に固定しております。
    → 詳しくは《なぜ安いのですか?》をご覧ください。
  • 特徴2:【品質】
    最上級品質の防腐剤無添加ビタミンC
    がん治療の高濃度ビタミンC点滴療法で使用されるものと同じ、GMP最上級の安全性を認められている最高品質の防腐剤無添加オーストラリア製ビタミンC注射薬を使用します。もちろん、輸送からクリニック内での保存までの品質管理も万全です。
    → 詳しくは、《高濃度ビタミンC点滴で使用する注射薬》または品質は大丈夫ですか?》をご覧ください。
  • 特徴3:【環境】
    プライバシーに配慮した個室治療
    点滴の間は、なるべくリラックスしてくつろいでいただきたいので、プライバシーには充分配慮しております。個室にあるゆったりとした一人用点滴ソファで、あるいはペアルームでカップルやお友達と仲良く、周りの目を気にせず過ごしていただけます。ゆっくりお休みいただくのがおすすめですが、雑誌を読みながら、あるいはWi-Fiを完備しているのでスマートフォンやタブレット端末でのブラウジングや動画視聴も快適。お好きなスタイルで点滴を受けられます。

高濃度ビタミンC点滴治療の流れ

診察・カウンセリング

 

Step1

s_DSC05349.jpg

まず、受付でご記入いただいたお肌の悩みや生活習慣などについての問診票をもとに、医師が患者さまの状態を確認し、高濃度ビタミンC点滴の安全性や効果に関してご説明します。

カウンセリング後、高濃度ビタミンC点滴30g以上の点滴をご希望の患者さまには、初回に限り※1G6PD検査を受けていただきます。これまでに他のクリニックで高濃度ビタミンC点滴を受けたことのある方は、検査は不要となります。この検査は約10分で結果が出ますので、問題がなければすぐに点滴を受けることができます。

副作用のほとんどない安全な治療ですが、患者さまの健康状態によっては※2治療を受けられない場合や、血液検査が必要となる場合もあります。

※1 G6PD検査について

G6PD欠損症(赤血球にあるG6PDという酵素が先天的に欠損している遺伝性疾患)の方は、血中のビタミンC濃度が上がると赤血球が破壊され溶血性貧血を起こすことがあります。日本人には稀な遺伝的疾患ですが、G6PD欠損症は日常生活では支障がなく自覚症状が無いので確認の検査が必要となります。G6PD欠損症であっても、高濃度ビタミンC点滴15gで溶血発作を起こす例はほとんど前例がないため、30g以上の点滴をご希望で他のクリニックでも未確認の場合、初回に限りG6PD検査(別途費用10,800円)を受けていただきます。

※2 高濃度ビタミンC点滴治療を受けられない方について

G6PD欠損症・腎不全(人工透析中)・重度の心不全・大量の腹水が溜まっている方は治療を受けることができません。詳しくは、《高濃度ビタミンC点滴を受けられないのはどんな場合?》をご覧ください。

next.png

高濃度ビタミンC点滴 施術

(約1時間)

Step2

vitaminC.jpg

高濃度ビタミンC点滴をすでに受けたことがある場合、または検査結果に問題がなかった場合、すぐに点滴治療を始めます。点滴開始までに軽い食事を済ませておいてください。

所要時間は約1時間。個室のゆったりとしたお一人用点滴ソファでくつろぎながら、点滴を受けていただきます。個室のペアルームもございますので、カップルやお友達とお二人でのご利用も可能です。

また院内にはフリーWi-Fiを完備しておりますので、スマートフォンやタブレットなどを見ながら、雑誌を読みながらなど、お好みのスタイルで快適にお過ごしいただくことができます。

点滴中には、患者様のご様子や点滴の状態などを確認するため、何度かお声がけをいたします。

ビタミンCは正常な細胞を痛めない性質があるので副作用の心配はほとんどありませんが、血管痛、利尿作用によるのどの乾きなどが起こることがあります。クリニックより水素水や飴をお出ししておりますが、なるべく食事、水分摂取をしてからご来院前ください。 詳しくは《高濃度ビタミンC点滴の副作用は?危険?》をご覧ください。

next.png

アフターケア・再診

(月1~2回程度)

Step3

高濃度ビタミンC点滴のアフターケア・再診

点滴は継続して受けると効果的です。通常、月に1〜2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしますが、一般的に肌荒れがひどい方、疲労度が高い方は、週1回を1〜3ヶ月間続け、体調が落ち着いてきたら月1〜2回程度の治療を目安にしてください。

最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。

高濃度ビタミンC点滴で使用する注射薬

vitaminC_.jpg

オーストラリア製 ビタミンC注射薬

アスコルビン酸塩​​​​​​(​バイオロジカルセラピーズ
Sodium Ascorbate ( Biological Therapies™️ )

サイエンスクリニックで使用するビタミンC注射薬(=アスコルビン酸、アスコルビン酸塩)は、適正な温度・品質管理のもと冷蔵輸送・保存された防腐剤無添加のオーストラリア製を使用します。(現在国内で販売されているビタミンC製剤には防腐剤が含まれておりますので使用しません。)

このオーストラリア製ビタミンC注射薬は、40年以上の無菌製造経験を持ち滅菌栄養製造の先端であるバイオロジカルセラピーズBiological Therapies 社製です。

TGA(オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局)より、PIC/S(ピックス/医薬品査察協定及び医薬品査察共同スキーム)のGMP《Good Manufacturing Practice》(=医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)最高基準の無菌製造ライセンスを獲得。最も厳しい国際基準のもと製造されており、無菌医薬品として​​​​最高峰の品質を誇ります。

日本国内でこの品質のビタミンC注射薬を使用できるのは、再生未来グループ乾理事長とバイオロジカルセラピーズ社との信頼関係、そして抗がん治療の高濃度ビタミンC点滴でも使用するため直接大量買い付けすることにより実現しています。

高濃度ビタミンC点滴の治療費

¥   6,690

¥   7,500

¥  14,610

¥   10,800


※全て税込価格です。
※当院の治療は公的保険適用外(自由診療)です。また別途初診料がかかります。

高濃度ビタミンC点滴は一度でも違いを感じていただけますが、症状や体質の改善をより高めるため、継続して治療を受けることをおすすめします。サイエンスクリニックでは、患者さまが安心して継続できるよう、通常の治療費を非常に安い固定価格に設定しております。キャンペーン割引などではなく、東京都内でこれほどの低価格で高濃度ビタミンC点滴治療を受けられる訳は、《なぜ安いのですか?》をご覧ください。

サイエンスクリニックの高濃度ビタミンC点滴 Q&A

よくあるご質問

サイエンスクリニックの高濃度ビタミンC点滴について、よく寄せられるご質問をまとめました。

品質は大丈夫ですか?

防腐剤の入っていないオーストラリア製ビタミンCバイオロジカルセラピーズBiological Therapies 社製)を使用しています。何より抗がん治療にも使用されているビタミンC注射薬で、オーストラリアのTGA(オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局)から最高基準のGMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)を満たしたPIC/S(医薬品査察協定及び医薬品査察共同スキーム)のライセンスを取得しており、世界最高峰の品質・安全性を誇ります。

また、ビタミンCは一定の温度管理下で保管しないと酸化しやすいため、製造工場から冷蔵輸送し、配送後クリニック内での保管の温度管理も万全で、品質管理を徹底しています。

《高濃度ビタミンC点滴で使用する注射薬》もご覧ください。

なぜ安いのですか?

サイエンスクリニックでは、高濃度ビタミンC点滴治療を<15g ¥ 6,690|30g ¥ 7,500||60g ¥14,610>という固定価格でご提供しております。

点滴や注射などは、体質から変えていく治療のため、ある程度の回数や期間、継続が必要です。しかし、「費用が高くて続けられない」といった患者様の声も多くありました。

当《再生未来グループ》乾理事長とサイエンスクリニック松田院長の「多くの人に良い治療を受けてほしい」という熱い想いで、この価格を実現いたしました。

高品質でも料金を安くご提供できるのは、抗がん治療を行うグループクリニックと一括して大量発注ができるためです。

当グループの理念につきましては、《医療法人再生未来》公式サイトより、ドクターのコラム :: 再生未来理事長 乾 利夫先生に聞きました!「とにかく、癌を治癒させたい。最後の最後まであきらめない」をご覧ください。

高濃度ビタミンC点滴を受けられないのはどんな場合?

以下の病気、症状に該当する方は高濃度ビタミンC点滴治療を受けていただくことができません。

  • G6PD欠損症
    G6PD欠損症という遺伝性酵素異常(赤血球にあるG6PDという酵素が先天的に欠損している遺伝性疾患)がある方は、血中のビタミンC濃度が上がると赤血球が壊れ、溶血性貧血を起こす危険性があるため、ビタミンCを大量投与することができません。ただし、高濃度ビタミンC点滴15gで溶血発作を起こした前例はほとんどないため、G6PD欠損症の場合、30g以上の高濃度ビタミンC点滴は受けることはできません。
  • 心不全・腎不全
    重度の心不全、透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。
  • 大量の腹水・強い浮腫
    大量の腹水、強い浮腫のある方は、水分を血管内に入れることで病状が悪化する恐れがあるため、この治療ができない場合があります。
高濃度ビタミンC点滴の副作用は?危険?

高濃度ビタミンC点滴は極めて副作用の少ない治療です。アンチエイジング・美容目的以外にも、抗がん剤と併用することで強い抗がん剤の副作用を抑えたり、がん予防・ウィルス感染症予防の目的や、副作用のない抗がん治療として単独でも使用されるもので、これまで高濃度ビタミンC点滴療法での重篤な副作用は報告がなく、危険ではありません。逆に副作用の少ない安全な治療と言えます。

高濃度ビタミンC点滴を受けることができない場合に該当しない方が治療を受けて、比較的起こりうる副作用としては以下のような症状があります。いずれも対処可能な軽度な副作用ですので、症状が現れた場合にはスタッフまでお声かけください。

  • 血管痛、頭痛、吐き気 、ほてり、動悸
    高濃度ビタミンC点滴に限らず点滴治療全般で見られる症状ですが、刺入部やその周囲の痛み、薬液が血液中に入ったことによる血管の痛みは、点滴速度を遅くしたり腕を温めることで軽減されます。また患者さまの当日の体調にもよりますが、頭痛、吐き気などの症状が現れた場合、点滴速度を遅くするなどの対応をします。
  • のどの渇き
    高濃度ビタミンC点滴には利尿作用があります。脱水状態での点滴は避け、 点滴前および点滴中は、クリニックからお出しする水素水などで水分摂取を積極的に行ってください。
  • 低血糖(めまい、冷や汗など)
    あまり多くありませんが、身体がビタミンCをブドウ糖と錯覚し血糖を下げようとインスリン過剰に分泌し、低血糖を起こすことがあります。点滴前はできるだけ食事をしてからご来院ください。点滴中には、低血糖防止のためクリニックから飴をお出ししております。
  • 見かけ上の高血糖
    ビタミンCとブドウ糖は化学的構造が似ているため、高濃度ビタミンC点滴終了後数時間は、簡易血糖測定器での値が(見かけ上)高血糖になってしまいますが、実際の血糖値はもっと低い値になります。自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めている糖尿病患者の方は、インシュリンの量に注意してください。
  • 低カルシウム血症
    まれですが、ビタミンCにはキレート作用(有害金属を体外への排出する働き)があり、カルシウムを尿として排出しまうため、筋肉のけいれん、しびれなどを起こすことがあります。カルシウム製剤を注射することで改善されます。
美容高濃度ビタミンC点滴は医療用と違うのですか?

サイエンスクリニックでの高濃度ビタミンC点滴は、美容利用とがん治療目的での利用と全く同じ治療になります。がん治療で使用するものと全く同じ安全で品質の良いビタミンC注射薬を使用しており、点滴方法も同じになりますのでご安心ください。ご要望に応じて、アルファリポ酸などのオプションを配合することも可能です。詳しくはクリニックまでお問い合わせください。